※アフィリエイト広告を利用しています

転職 転職悩み

【対策】中途採用での適性検査(種類・方法・対策)を攻略しよう!

今回は、転職の適性検査について解説します。

転職活動の中で適性検査の必要がある求人もあります。

「適性検査ってなぜ必要なのか?」

「検査内容や対策を知りたい!」

こんな疑問を持っている方もいるのではないでしょうか。

taka

採用面接官も務めていた私が転職の際に経験した適性検査の経験をもとにお伝えします!

このような疑問の解決にこの記事を参考にしてみてください。

この記事でわかること

  • 適性検査とは?
  • 適性検査の種類
  • 適性検査の方法
  • 適性検査の重要性

適性検査とは

転職の適性検査は、転職希望者のスキルや能力、価値観などを客観的に評価し、適切な職業や職場環境を見つけるための手段です。

単なる職歴や学歴だけでなく、個人の特性や適性を評価するためのものです。

応募者が募集している職種やポジションにどの程度適しているのかを客観的に判断するためにあります。

入社後のギャップや企業側とのミスマッチを未然に防げるのは適性検査は効果的です。

taka

入社後にあなたと企業側でミスマッチがあると永く働くことが難しくなりますよね。

適性検査にはマークシート方式(筆記)やWebで行われるものがあります。

マークシート方式(筆記)
ほとんどが面接会場で行います。

Web方式
専用の会場でパソコン操作による受験や、応募者のパソコンやスマホで行う場合があります。

taka

私の経験では、送られてくるURLにアクセスしてスマホで受験しました。

種類は数多くありますが「SPI3」と「玉手箱」の代表的なものを紹介します。

SPI3
大手や中小問わずに多くに企業に導入されている適性検査です。
SPI3の内容は「能力検査」と「性格検査」の2つに分かれています。

・能力検査
認知能力や言語能力、基礎学力などを評価します。
言語問題と非言語問題のテストを行い、応募者の学力を測定します。

・性格検査
性格や行動傾向を理解し、どのような職場環境や仕事スタイルに適しているかを評価します。

taka

参考書を使用した方が短期間で試験のイメージがつかめます!

玉手箱
玉手箱はSPIの次に多くの企業で実施されている適性検査です。
SPIは主に基礎学力や性格などテストですが、玉手箱はその中でも論理的思考力の測定に重点を置いたテストになります。

¥1,650 (2024/04/21 00:10時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

企業により適性検査の結果の参考の仕方や考え方によって違いはありますが、中途採用の適性検査の場合、書類選考通過後、一次面接の前に行われることが多いです。

企業側に検査結果に気になる点があると、次の面接で質問をされるケースがあります。

実際に、私の経験では適性検査での内容と同じ内容を再確認されるような質問がありました。

書類選考と適性検査を同時に進める時には検査結果が一定の基準にない場合、企業によっては次の選考に進めないこともあります。

taka

私の場合、一次面接の後に性格検査を行い試験に落ちたことがあります。最終面接には進めませんでした。

適性検査の具体的な対策

適性検査に合格するために、前もって検査の形式や内容を理解して過去の問題集で練習しましょう。

リラックスして冷静に問題に取り組むことも大切です。

全力で取り組み、試験中の時間を上手に使うこともポイントになります。

焦らずに問題に取り組むことで、適性検査での合格率を高めましょう。

適性検査で落ちないためには、これから紹介するポイントに注意することが重要です。

事前準備を行いましょう
・検査の内容や形式を理解する。
・過去問や参考書を利用して練習する。
事前にしっかり準備していれば自信が付きます。

試験はリラックスしましょう
試験の制限時間がある場合が多いので、焦らず、冷静に問題に取り組みましょう。
緊張することでケアレスミスが発生する可能性が高まります。
リラックスして集中することが重要です。

時間を上手に使う
時間配分が合格するには重要な要素になります。
問題を良く読み、時間内に解答する必要があります。
参考書などで多くの問題に慣れておくようにしましょう。

以上のポイントにより、少しでも落ちるリスクを抑えることができます。

当たり前と思える事を紹介しましたが、
私の経験では他のライバル応募者がどんどん問題を解いているのではないかと不安とプレッシャーを感じて焦ってしまい、時間配分や冷静な判断ができなくなり試験が上手くでき無かった経験があるので意識して練習しないと身に付かないので、しっかり練習しておきましょう。           

taka

焦ってしまうと気が散って問題の意味を理解するのに時間がかかってしまいますね

    

中途採用の適性検査の重要性

中途採用で適性検査を行うことは、企業にとって大切な要素です。

適性検査は、応募者のスキルや性格を客観的に測定することで採用活動をより効果的にし組織全体の成果を向上させるのに役立ちます。

中途採用に適性検査を行うことには、メリットがあります。

採用ミスを防ぐ
応募者のスキルや性格を客観的に測定し、採用ミスを減らすのに役立ちます。
適性に合わない仕事や環境に配置されるミスを防ぎます。

組織での適合性を高める
応募者の性格や価値観を測定することで、組織との適合性を確認することができます。
採用後の満足度やパフォーマンスが向上します。

人材育成を効率化する
適性検査の結果を活用して、応募者の強みや成長ポテンシャルを理解する事が出来ます。
適切なキャリア育成プランを立てることができます。

適性検査は、採用活動をより効果的にすることができます。
組織全体の成果を向上させるのに役立ちます。

taka

企業側のメリットを理解すれば何が求められるかわかりやすいですね。

まとめ

中途採用の適性検査について解説してきました。

適性検査は、企業が募集する職種やポジションにどの程度応募者に適性があるか客観的に測定するためにあります。

適性検査には代表的なもので言えばSPI3や玉手箱のように能力検査や性格検査、論理的思考力を測定するものが多くの企業で採用されています。

試験は、マークシート方式やWeb方式などがあり面接会場で行うものや指定された会場へ行きパソコンで受験する場合や、スマホで受験する場合もあります。

対策としては、この記事でもオススメの参考書を紹介していますが、参考書を使って短期間で集中的に多くの問題を解いて慣れる事が重要です。

試験当日はとにかく落ち着いて冷静に焦らず的確に問題を理解して回答することが大事です。

周囲に気を取られない様に集中しましょう!

-転職, 転職悩み
-,