※アフィリエイト広告を利用しています

仕事 仕事悩み

部下が辞める前兆とは!?前兆を知って上司に出来ること

あなたの部下は最近様子が変だと感じる事はありませんか?

あるいは部下の離職が止まらないなど悩んでいませんか?

最近、仕事へのやりがいを感じることができません。他の会社にチャレンジしようかな。。。

私もマネジメントするようになった頃は結果を出す事に焦ってしまい部下の気持ちを考えないことで部下が辞めていったことがあります。

taka

もしも、様子が変だと感じているのであれば部下が辞めようと考えているかもしれません。

その変化に気付いてフォローする事で部下の離職を防ぐことができるかもしれません。

そこでこの記事では部下の離職を防ぐのに必要な部下の変化や兆候、対策を解説します。

部下の為にあなたに出来る事を精一杯やって互いの為になる最適解を見つけましょう!

この記事でわかること

  • 部下が辞める前兆
  • 部下が仕事を辞める理由
  • 部下を辞めさせない方法とは

部下が辞める前兆

部下が辞める場合には前兆があります。

部下の変化に気付く為には日頃からのコミュニケーションが重要になります。

部下の考え方や言動、行動が以前に比べてネガティブになっていたり、やる気を失っていたりします。

部下の細かな変化に気付き、しっかり対応すれば避けられる離職もあります。

仕事や会社に対する愚痴が増えている

退職を検討している部下は、仕事や会社の愚痴が増えます。

例えば、仕事にやりがいを感じていない場合や、ある程度の裁量を持つようになって納得できない事が増えているなど理由はさまざまです。

taka

愚痴は周囲にも悪影響を与えますので組織のパフォーマンスが下がります。

こういった場合には、部下の思いを発信する場を設ける、ヒヤリング活動を行うなどにより部下の気持ちや考えていることを引き出す事が解決につながります。

愚痴を聞いても頭から否定せずに聞く耳を持って寄り添いと気付きを与える事が効果的です。

従業員同士の交流会に参加しなくなった

飲み会や仕事外での交流を避けるようになる場合があります。

退職を考えている人は、他の従業員との交流が消極的になり、退職するつもりが無くても何らかの人間関係にトラブルを抱えている可能性があります。

ですので、それに気づいた場合は積極的にコミュニケーションを取り気にしてあげる事が必要になります。

他には、家庭の事情やお財布事情の場合もありますので全てがそうではない事も意識してきましょう。

評価や待遇に疑問を感じている

仕事の成果や姿勢に対しての評価が適切ではないと感じて自分が認められていないと感じている部下もいるでしょう。

そう感じてしまうと、モチベーションが下がり自分を正しく評価してくれる会社を探し始める事で離職につながります。

taka

私自身も正しく評価されていないのでは?と感じて他の会社が気になった事があります。

部下の細かな仕事の変化に気付いて褒めてあげたり、評価してあげる事で部下を認めている意思を示す事が必要です。

部下は細かな事に気付いてもらえると、「しっかり見ていてくれているんだな」と感じる事でしょう。

部下が仕事を辞める理由

職場環境が悪ければ従業員のモチベーションが下がりストレスを感じやすくなります。

部下の精神的な不調での休暇や退職が発生するようになります。

特に職場環境は永く働く上で重要な要素です。

taka

私も以前は職場環境が悪く、精神的にかなり追い込まれた時期もあり疲弊していました。

結果、退職する事になりました。

具体的には

  • 上司や部下または同僚との人間関係
  • 従業員によって仕事量の偏りがある
  • 残業が多い
  • 職場が汚い

【対策】上司や部下または同僚との人間関係

人間関係を良好に保つことで精神的なストレスを減らすことができます。

コミュニケーションの機会を増やしてお互いに意見できる関係で意識するようにしましょう。

互いに尊重できるように心がけてください。

一方的なコミュニケーションでは相手の気持ちもわからず、こちらの気持ちも伝わりません。

【対策】従業員によって仕事量の偏りがある

業務の偏りを減らすには多能工化が重要になります。

教育や指導で始めは時間がかかりますが、マニュアルを作成して誰でも作業が出来る様にできれば業務を分担して業務量の偏りを減らす事が可能になります。

taka

多能工は時間がかかりますが、その分効果が期待できます!

それに効率もよくなりコスト削減にも貢献します。

従業員にとっても成長の機会と業務負担を軽減できるのでメリットが多いです。

【対策】残業が多い

先ほど紹介した多能工化を進める事で残業時間を減らすことも可能です。

多能工化で効率を良くして1日で可能な仕事量を増やせば残業を減らす事が期待できます。

他には当たり前にやっている業務が本当に必要かどうかを見直し業務を省く事も検討しましょう。

無駄な業務を省いて効率を上げる事で残業を減らすことができます。

【対策】職場が汚い

職場の清掃時間を習慣化させることが重要になります。

曜日と時間を指定する事で業務の一部に取り込み清掃活動を行います。

清掃活動を行うには全員でやるのか、当番制にするのかなどの仕組みの構築も必要になります。

開始するまでには準備に時間がかかりますが必要なこととして取り組みましょう。

すでに清掃ルールはあるが職場が汚い場合は仕組みが機能していない可能性があります。

例えば清掃場所ややり方が定まっていないので掃除の出来栄えに個人差が生まれ上手く清掃の効果が出ていないと考えられます。

清掃マニュアルの作成と教育で改善する必要があります。

部下を辞めさせないためには?

部下が突然辞めた経験はありませんか?

なぜ、「相談してくれなかったんだ」と後悔したことがありませんか?

ここでは部下が辞めそうなサインに気付いた時の対処方法を解説します。

対処方法を習得して部下に寄り添い、部下の悩みや思いを受け止めましょう。

日頃からの声掛けを積極的に行う

日頃から声掛けを行うことで部下はあなたに相談しやすくもなります。

私も実際に、上司とはあまりコミュニケーションを取っていなかったのですが他の部署の上司は良く声を掛けていてくれたこともあり、仕事の愚痴や辞める時の相談は自分の上司ではなく他の部署の上司に相談していました。

私自身、相談しやすいというのもありましたが何よりも自分の事をよく見てくれてるんだなと感じたからです。

なので、部下とは積極的にコミュニケーションをとって相談される環境を作る事をおすすめします。

将来のキャリアについて提示する

部下が考えるキャリアパスについて話し合いをしましょう。

それらの希望を盛り込んでキャリアパスを提示できれば会社に残る可能性が出てきます。

そのためには部下の目指す方向性に合ったものでなければなりません。

taka

部下は何を目指しているのかしっかり見極めてください

複数のキャリアパスを提示できれば、自分に合ったものを選択できるようになり転職する可能性が下がります。

業務の内容と配置の見直し

部下の能力に合った業務内容であるかどうかを確認する必要があります。

部下の能力に対し業務レベルが高すぎても低すぎてもよくありません。

部下によっては業務レベルが低すぎてやりがいを感じていない場合と高すぎてもストレスとプレッシャーがかかり部下が辞める原因に繋がるからです。

部下の能力を正確に把握するためには、普段の仕事ぶりや部下に合わせたやる気を引き出す方法を見つける事が重要になります。

正しく評価をする

部下の成果については正しく評価する必要があります。

部下は「正しい評価を受けていないのでは?」と不安に思っているかもしれません。

評価を伝える機会を作って正しく評価していることを伝えましょう。

良い評価を伝える事だけが正しい評価にはなりません。

良い評価を伝える事はもちろん、悪い評価も伝えることが重要です。

taka

悪い評価を伝えるには勇気も必要です。

悪い評価の原因を正しくフィードバックする事で部下のレベルを引き上げる事と気付きを与えること、「あなたのことをしっかり見ていますよ」と安心させることができるからです。

伝える時は言葉を選び誤解されたりしない様にしてフォローも忘れずにしてあげましょう

まとめ

部下が辞める前兆はさまざまです。

部下が辞める事は会社にとっても損失になります。

あなたにとっても精神的負担を抱える事になるでしょう。

優秀な部下であれば特にダメージは大きくなります。

あなたの部下を管理する能力を疑われ評価も下がるかもしれません。

なので、日頃からできる部下を辞めさせないで済む対策を行うように心がけましょう。

特に気を付けるべきことは普段から積極的にコミュニケーションを取ることが大切です。

どんなに小さい話でも構いません。部下を気にかけていることが伝われば部下も少しずつ心を開いてくれるでしょう。

重要なのは部下をマネジメントして最大の効果を生み出すのが管理職ですので部下を失わない様に大切に育てましょう。

合わせて読みたい
【必読】リーダーにふさわしい人の特徴とは?

リーダーとして成功するには単なる仕事の遂行だけでなく、リーダーシップが不可欠です。 特に30代サラリーマンにとってはこれまでの経験や知識が豊富になり、リーダーに必要な素質が備わってきている時期と言えま ...

続きを見る

-仕事, 仕事悩み
-, , ,