※アフィリエイト広告を利用しています

仕事 仕事悩み

【上司必見!】部下の心が閉ざされたら、上司はどうすればいいのか?

職場では部下の気持ちがわからなくて悩むことがありますよね。

何がキッカケになったのか?

自分の対応が悪かったのか?

メンバー同士で何か問題があったのか?

会社や組織に不満があるのか?

理由は様々です。

部下が心を閉ざしてしまうと、お互いがうまく話せなくなり仕事に影響が出てしまいます。

この記事では、上司が部下の気持ちを理解し、より良い関係の構築をするためのコツを紹介します。

読み終えると、解決の糸口をつかむことが出来ると思いますので最後まで読んでください!

最近、部下の様子が少し変です。
心を閉ざしているようですが考えられる原因を知りたいです。

部下の様子が変化しているのには必ず理由があります。
その理由を一緒に見ていきましょう。

taka

この記事でお伝えする事

・心を閉ざした部下の特徴は?
・部下が笑わなくなった理由とは?
・部下を潰してしまう上司の特徴は?
・部下か心を閉ざした時の対処方法

心を閉ざした部下の特徴は?

部下が心を閉ざすと、多くの場合、変化やサインが見られることがあります。

心を閉ざした部下の特徴

感情の表現が少なくなる
モチベーションの低下
コミュニケーションの減少
新しいことに興味を持たなくなる
協力しない態度

変化やサインを知ることで、上司としてどう向き合うか考えましょう。

感情の表現が少なくなる

心を閉ざした部下は、感情をあまり表に出さなくなります。

嬉しいことや悲しいことを口にする事が少なくなります。

また、今までは休憩中など雑談でも笑い会えていたのに反応が薄くなったり口数も減ります。

特に相手に不満がある場合に、これ以上深く関わりたくないと思っていると考えられます。

モチベーションの低下

仕事に対するモチベーションが低下することがあります。

以前ほどやる気を見せなくなり、目標に向かって頑張る気持ちが薄れることがあります。

ミスも増えて、仕事の質が低下して積極性も失われいる状態です。

また、ダラダラした態度なども外見上の特徴として見て取れるかもしれません。

【30代】仕事のやる気が出ない原因と解決策とは!?

コミュニケーションの減少

心を閉ざすと、他の人とのコミュニケーションが減少します。

以前よりも同僚や上司との交流が少なくなることがあります。

いつもの同僚との休憩をしなくなったり、人を避けるような行動がみられます。

周囲との接触を避け、一人で居る事が増えていますので注意して見てみましょう。

新しいことに興味を持たなくなる

心を閉ざすと、新しいアイデアやプロジェクトに対して興味を持たなくなることがあります。

以前よりも何事にも無関心になることがあり、積極性を失い、会議などでも発言する機会が減っています。

部下は仕事に対する興味を最低限にして、何事もどうでもいいと考えているかもしれません。

上司であれば、こうした部下の変化には気づきやすいのではないでしょうか。

協力しない態度

心を閉ざした部下は、他の人と協力することを面倒に思い、嫌がることがあります。

以前よりもチームワークが悪くなります。

協力しない態度は業務に悪い影響を与え、周囲とのコミュニケーションも上手く出来なくなり、同僚や上司との関係悪化により職場の雰囲気が悪くなります。

心を閉ざした部下に気づいたら、上司や仲間として、声をかけてみましょう。

話を聞いたり、一緒に行動したりすることで、心が開かれる可能性があります。

お互いにサポートしあって、良い関係を作り上げていきましょう!

部下が笑わなくなった理由とは?

職場で、以前は笑顔の多かった部下が最近笑わなくなったと感じることはありませんか?

その変化にはさまざまな理由が考えられます。

部下が笑わなくなった理由

仕事のプレッシャー
人間関係の変化
個人的な悩みや問題
ワークライフバランスの崩れ
コミュニケーション不足

仕事に対するプレッシャー

部下が業務にプレッシャーを感じていると、笑顔が少なくなることがあります。

ストレスや達成しなければならない目標に追われる中、笑顔を忘れがちになるのです。

そうした環境の中では、余裕がなくなり精神的に追い詰められている可能性がありますので、業務の負担を見直す必要があります。

人間関係の変化

職場での人間関係の変化も笑顔に影響を与えます。

同僚や上司との関係が悪化したり、組織内でのコミュニケーションが難しくなった場合、部下は笑顔を見せることが難しくなることがあります。

人間関係の悪化には、仕事が原因なのか個人的な対立が理由なのかを、上司はヒアリングをしながら見極めて解決方法を考える必要があります。

個人的な悩みや問題

部下が個人的な悩みや問題を抱えている場合、それが笑顔を抑える原因になります。

心の中で抱え込んでしまうことで、表面上の笑顔が減少することがあります。

個人的な悩みには介入するのが困難ですので、部下から相談がある場合には快く応じてあげるのがいいと思います。

また、会社の外で話を聞いてあげるのが部下にとっても話しやすい環境である場合もありますので考慮するようにしましょう。

ワークライフバランスの崩れ

長時間の労働や、プライベートでの充実感の不足は笑顔を減少させる要因となります。

バランスを欠いた生活が続くと、笑顔の表現が難しくなることがあります。

長時間労働については、業務の繁忙期などもあるので調整が難しい場面もあると思いますが、出来る限り休暇取得を提案してあげるのも効果的です。

部下によっては、責任感が強く休みたくても休んではいけないと自分に制限をつける場合もありますので、上司であるあなたから休暇を勧めると部下は休みやすくなります。

コミュニケーション不足

上司や同僚とのコミュニケーションが不足している場合、部下は孤独感や理解されない感覚を抱えてしまいます。

これにより周囲との関わりが減ってしまい、笑顔不足につながることがあります。

特に孤独感については自ら改善させることが難しく周囲から声を掛けてあげることが重要です。

部下が笑わなくなった場合、まずはコミュニケーションを大切にし、悩みやストレスがあればサポートの手を差し伸べることが大切です。

精神的に救われると、笑顔も自然に戻ってくることでしょう。

【脱!ポンコツ上司!】ポンコツ上司に読んでほしい!コミュニケーション不足編

部下を潰してしまう上司の特徴は?

職場では、上司が部下を潰してしまうことがあります。

上司はなぜ部下を潰してしまうのか?

こうした上司の特徴に気づいて、仕事が楽しくなる方法を考えてみよう。

部下を潰してしまう上司の特徴は?

指示ばかりで理解を示さない
フィードバックがない
信頼しない
感謝や認める言葉が少ない
適切なサポートをしない

30代サラリーマン必読!リーダーにふさわしい人の特徴とは?

指示ばかりで部下の意見を聞かない

常に指示をだけ出して、部下の意見や考えを聞かない。

部下の意見や理解を示さない事で、部下はやる気を失い、

「どうせ意見しても理解してもらえない」

意見する事や考えを示す事を諦めるようになります。

結果、部下が育たず能力を引き出すことが出来ず部下がつぶれてしまいます。

上司からのフィードバックがない

上司が部下に仕事のフィードバックをしない。

部下は成長するためにフィードバックが必要になります。

フィードバックが無ければ、どこで間違っているのか分からなくなり成長の機会を失います。

場合によっては同じ失敗を繰り返し、自信を失い部下をつぶしてしまいます。

上司が部下を信頼しない

上司が部下を信頼せず、仕事の結果について疑いの目で過剰な確認をしたりします。

場合によっては確認が必要な場合もありますが、頻繁に仕事のレベルに関係なく過剰な確認をしていると、部下は自分の処理した仕事に自信を持つことが出来なくなります。

すると、「結局は確認するのだから自分の確認を甘くしても間違いを見つけるだろう」

と、受け身の仕事をするようになります。

部下は責任感が薄れていい加減な部下に育つ可能性があり部下をつぶしてしまいます。

部下を信頼しない事によって、部下は自分の力を発揮しにくくなります。

上司から感謝や認める言葉が少ない

上司が部下の頑張りや成果に対して感謝の言葉や認める言葉をかけないことがあります。

部下を褒めることがないと、部下はやる気をなくします。

当然ですよね。

感謝の気持ちを持って仕事に取り組めない上司は相手の気持ちを理解する能力が低いとわかります。

褒める事でよかったポイントをフィードバックしてあげる事で何が効果的なのかを示す必要があります。

部下に感謝の言葉や認める事をしなければ、部下の向上心をつぶす事になります。

上司が適切なサポートをしない

上司が部下に必要なサポートをしてくれないことがある。

通常業務のフォローや応援でサポートがないのも苦しいですが、特に乗り越えるのが困難な業務でサポートがないのは、モチベーションに強く影響します。

新しいことに挑戦する部下にはサポートが欠かせないのに、それがないと成果を上げにくくなります。

結果的に部下はやる気をなくしてしまい能力を引き出せずに部下はつぶれてしまいます。

部下が心を閉ざす時、上司はどう立ち向かうべきか?まとめ

部下が心を閉ざしてしまう要因をお伝えしました。

主に、コミュニケーション不足の解決や部下の状態を正しく把握する事が重要だという事がわかりました。

夏季には具体的な解決方法をお伝えしますので、明日からでもすぐに取り組んで部下とのより良い関係と職場環境を作れるように取り入れてみてください!!

心を閉ざした部下の特徴

感情の表現が少なくなる
モチベーションの低下
コミュニケーションの減少
新しいことに興味を持たなくなる
協力しない態度

心を閉ざした部下の特徴をよく理解し、普段から注意深く観察する事で変化に敏感に気付けるようにアンテナを張っておきましょう。
必ず変化があるはずですので違和感を感じたらすぐにフォローしてあげるようにしましょう。

¥1,540 (2023/12/03 00:34時点 | Amazon調べ)

 

部下が笑わなくなった理由

仕事のプレッシャー
人間関係の変化
個人的な悩みや問題
ワークライフバランスの崩れ
コミュニケーション不足

部下が笑わなくなるにはコミュニケーション不足が考えられますので、その部下を取り巻く環境をよく理解して適切な対応をするように心がけましょう。
部下の悩みには積極的に耳を傾ていると意外な理由が原因だったりすると打つ手が間違えている場合も考えられますのでコミュニケーションは重要です。

 

部下を潰してしまう上司の特徴は?

指示ばかりで理解を示さない
フィードバックがない
信頼しない
感謝や認める言葉が少ない
適切なサポートをしない

あなたが上司の立場である場合、常に部下が仕事をしやすい環境を整える事が重要です。
・意見しやすい環境
・問題に対して協力的に解決する姿勢を見せる
・適宜、進捗を確認してアドバイスする
など、部下が困った時にはすぐに連絡や報告があなたに入る部下との連携関係を作りましょう。

-仕事, 仕事悩み
-, , ,