※アフィリエイト広告を利用しています

転職 転職悩み 面接

【30代必見】転職面接での長所・短所の効果的な見せ方

今回は、30代転職面接での長所と短所の効果的な攻略方法を紹介します。

まず長所アピール方法、自分を素直にアピールするって結構難しいですよね。

この記事を参考に、本当の自分をどうアピールすればいいか、ヒントをつかんでみませんか?

そして、短所を魅力に変える方法。

短所って、言わなくていいのなら言いたくないですが、実はこれが共感を呼び起こす大きな力になることもあります。

短所をいかにマイナス要素とせずに伝えるか、ポイントを押さえましょう。

面接での長所と短所を上手く伝える方法が知りたい!

長所と短所の伝え方って悩みますよね。
特に短所については、言い換えを使えば短所をフォローしながら
プラス要因に変えることが出来ますのでマスターしましょう!

taka

長所と短所を聞く理由

面接では必ずと言っていいほど、長所と短所にちての質問が出てきます。

この質問で面接官は、何を知ろうとしているのでしょうか。

・自分自身を客観的に見る事が出来る能力があるか?
・現在のメンバーと上手くやっていけそうか?
・応募者の長所と短所を含めて特徴を知りたい。

これらについてを面接官は知ることで採用についてマッチしているのか判断する要素の一つにしています。

「長所」によく似た「自己PR(強み)」との違いとは?

長所に似た質問で、自己PRを聞かれる場合があります。

長所と自己PRは別物です。

面接官の質問の意図を理解して、返答にメリハリを付けましょう。

長所とは

・あなたの優れた部分、人柄や性格、気質
・プライベートや仕事での得意な事や資質

自己PR(強み)とは

・仕事で身に付けて磨いてきたスキル
・会社や仕事に貢献できるスキルや特徴

面接官は長所と自己PRを使い分けて質問していますので、的外れな返答をすることのないように気を付けましょう。

オススメ
履歴書で人生を変える!30代のための成功の秘訣

私は、前職で新卒から中途採用など採用面接官をしていました。 面接官の視点から見た、30代の転職者に向けた履歴書の書き方をサポートできればと思います! 30代にしか書けない履歴書を書いてライバルに差を付 ...

続きを見る

長所の伝え方

面接で長所を伝えるにはあれもこれも伝えたい気持ちはわかりますが、なるべく要点は絞るようにしましょう。

あれもこれも伝えようとすると話が散らかって自分自身の分析と、伝える能力を悪く評価されかねません。

伝え方にはポイントがりますので紹介します。

1. まず「結論」から伝えるようにしましょう。
※「私の長所は○○です」と伝える。

2. その「理由・背景・エピソード」を話します。
※「〇〇の影響により業績が悪化し、目標の達成が難しくなっていました」

3. どのような「成果や実績、効果」を得ることが出来たかを具体的(数値など)に伝える。
※「〇〇による活動で業績を15%向上させ目標を達成する事が出来ました」

4. この長所を活かしてどんな「貢献」をしたいかを伝える
※「困難な状況であってもどうすれば達成できるかを考え、常に行動できることが長所であり、御社の業績に貢献したいと思います」

長所に限らず面接で伝えるには簡潔に要点を絞り、伝える事がポイントになります。

特に具体的な数値で表すことが出来る事については数値で伝えましょう。

面接官も具体的にイメージしやすくなり、あなたをより深く理解する事が出来ます。

短所の伝え方

短所の伝え方は、短所を伝えるだけではマイナスポイントになりかねません。

併せて、その短所を改善しようとしている、克服する努力をしていることを伝えることが出来ればプラス要因になります。

また、言葉の選択(言い換え)をすれば悪い印象を最小限に抑える事も出来ますので参考にしてみてください。

適切な短所を選ぶようにする

面接で伝える短所は、その仕事に関連していて、改善可能なものを選ぶのがおススメです。

あまりにも深刻な問題や、個人的な問題、仕事に関連性がない短所は選ばないようにしましょう。

なぜなら、短所は誰にでもありますのでそれは問題ではなく、その短所についてどのように向き合っているのかがポイントになります。

また改善されると短所ではなくなり力になりますので、仕事で活躍してくれるのではないか?という期待を持ってもらえます。

短所に対して前向きに向き合っているか?

短所を伝えるだけでなく、過去の経験から得た「学んだこと」や「気付き」、改善のために実施している取り組みをアピールしましょう。

短所を伝える際は、必ずその短所を克服するためにどのような努力をしているか、またはこれからどのように改善していくつもりかを伝える事が重要です。

これにより、主体性や成長意欲、自己改善能力がアピールする事が出来ます。

短所の適切な言い換え

短所を上手く言い換えることができれば、ポジティブな表現や印象にもつなげることができます。

特に転職の面接では、前向きな表現で伝えることが重要になります。

短所をどのように言い換えられるかを確認しておきましょう。

短所言い換え
消極的サポートを得意とする
神経質細かなミスに気付ける、事前準備がしっかりできる
優柔不断慎重に判断する
せっかち行動力がある、決断が速い
考えすぎる視野が広い、ミスを最小限に抑える
慎重すぎる丁寧な仕事ができる
心配性慎重に計画を立てる
プレッシャーに弱い責任感が強い、仕事の完成度を求める
計画性が無い柔軟に行動ができる
マイペース冷静

転職面接での長所・短所の効果的な見せ方 まとめ


転職面接において、自身の長所と短所を的確にアピールすることは、成功へのポイントとなります。

長所を強調する際には、具体的な実績や経験を挙げ、数字で表せるものは数字で表現すればより具体的に伝えることが出来ます。

また、上司や同僚からの評価やフィードバックを引用することで信頼性を高めましょう。

同時に、自己分析を行って得た自信を前面に出し、応募企業のニーズと自身の長所をリンクさせて、面接官にとっての価値を鮮明に伝えます。

一方で、短所をアピールする際は、認識と克服の過程を強調し、ポジティブな表現を心掛けましょう。

過去の経験から学んだことを活かし、短所が成長への機会であることを示すことで、真剣な姿勢と成長への意欲をアピールできます。

特に短所については言い換えを使って、マイナス要素を少しでもプラス要素に変えて自分の強みと課題を明確に伝えつつ、その解決に向けた積極的な姿勢をアピールすることが重要です。

これにより、面接官に印象的なプロフィールを提示し、転職の成功につなげることができます。

オススメ
転職する?転職活動は転職サービスからの利用がオススメな理由

これから転職活動を始めようと思っている方に、実際に私が利用したオススメの転職サイトを含め転職サービスからの利用がオススメな理由を解説します。 あなたは、転職に興味はあるけど転職サイトってどんな感じ?何 ...

続きを見る

-転職, 転職悩み, 面接
-, , ,