※アフィリエイト広告を利用しています

転職 面接

【転職面接対策】効果的な方法とポイントを解説

この記事では面接に臨む為の対策を紹介します。

これから面接に臨む方や今後転職を検討しているけどどんな準備が必要なのだろう?と疑問を持っているのではないでしょうか。

そのような不安をこの記事では具体的に準備や方法を解説していますので参考にしてください。

転職を成功させた私が実際に実行したことを書いています。ですから今悩んでいる方の疑問に答えることが出来る記事になっていますので最後まで読んでくださいね。

この記事でお伝えする事

・実体験をもとに面接対策と準備を紹介
・転職者、元面接官経験の2面からの実体験をもとに紹介します。
・面接時の服装の注意点
・面接前の準備事項の注意点

必要な準備と企業研究

ここでは、面接や履歴書、職務経歴書などを作成する時に必要な情報を整理して準備をしましょう。

これらの事前準備で面接や提出物の出来やアピール、印象が決まりますのでしっかり準備して採用に近づきましょう。

私の経験では最初の数社の面接時点でこの部分が不十分で失敗しましたので、ここをしっかり準備すれば一次面接などの突破が増えました。

企業の情報を集めよう

企業のサイトやSNSを調べよ

企業のサイトやSNSを確認して業績や企業理念、ビジョンなどを確認して面接で答えられるようにしておきましょう。

口コミサイトを利用しよう

口コミサイトを利用して企業の評判や雰囲気を調べましょう。入社後のギャップ対策に効果的です。
残業や福利厚生、従業員の入れ替わりが激しいのか?などです。

求人内容をしっかり確認しよう

求人票や仕事内容

これらを詳しく分析して必要なスキルや経験を確認して自身のキャリアにマッチするのか確認しましょう。
また、不足している部分があるのであれば把握しておくことは重要です。

必要なスキルや資格の確認

不足しているスキルや資格があるのであれば取得する事を検討しましょう。スキルや資格を持って面接に臨めば内定に近づくことが出来ます。積極的に取得を目指しましょう。

自己分析をしましょう

自身の強みや価値観の確認

転職先で活かせるポイントを明確にするために自身は何が得意なのか、または価値観を再認識しましょう。価値観や強みは面接時のアピールポイントになりますので、整理しておきましょう。

実績の確認

過去の実績や成果を具体的に数字や、事例を話せるように用意しておきましょう。こちらも面接時には質問として出てくる可能性が高いですし職務経歴書などに記載すればアピールになります。

面接の対策をしよう

回答の準備

よく出る質問の分析や自己PRの作成でしっかり対策を行いましょう。具体的な面接対策は別記事で紹介します。

キャリアの整理

自身のキャリアを整理して、時系列を意識して相手がわかりやすく魅力的に伝えることが出来るように構成して、何度も何度も練習しておきましょう。

客観的に確認する

実際に面接の流れを確認して、回答の様子を動画で撮影する事や、音声を録音、第三者に面接官役をお願いするなどして、内容や声のトーン、振る舞いなどを確認して改善を重ねましょう。

私は実際に撮影したり、嫁に面接官役をお願いしてやりましたが思っている以上声が小さかったり内容が整理されていなかったりと、改善点がかなりあるはずですので確認はオススメです。

その他の準備

面接会場の確認

面接場所や交通手段、所要時間、などを把握しておき、当日には余裕を持った行動が出来るようにしましょう。遅刻は面接官に対して非常に悪い印象を与えますので気を付けましょう。

当日の持ち物

指定された資料や、筆記用具、メモ帳など事前に確認して忘れ物が無いようにしておきましょう。

自己分析とキャリアの再確認

自己分析とキャリアの再確認をする事で、転職先で活躍できそうか?あるいは自身にマッチしているのか?を確認できます。

また、自信のこれまでの成果や強みを理解する事で自己PRがしっかりできますので自信を持って面接に臨む事が出来ます。

採用官ははあなたの事を全く知りませんので書類だけではなく、直接自己PRを聞いてどういう価値観と能力があるのかを知りたいのでしっかりPRできるように準備しておきましょう。

自身の強みとスキルの洗い出し

得意な事や強みを再確認

自身のこれまでのキャリアで見つけた得意な事や強み振り返り、具体的にリストアップしてみましょう。これらをする事で、面接対策と職務経歴書など記入の際に役に立ちます。

価値観と目標の明確化

価値観と目標を考える

自身の価値観や人生の目標を考えて転職によって価値観と目標が手に入れることが出来るのかを考えてみましょう。

私の場合は転職後のワークライフバランスや収入、によって家族との時間、趣味の時間が確保できるのか?を考えて、実現できそうなので転職しました。

経験と成果の整理

過去の職務経歴やプロジェクトの成果を振り返って具体的に実績として把握しておき、その中で、どのような事に貢献したのか?なにが困難で、どのようにして乗り越えたのか?などを自己成長としての実績として捉えましょう。

履歴書や職務経歴書の準備

魅力的な履歴書と職務経歴書を作成する事で、面接官に好印象を与えることが出来ます。

特に書類選考の段階では書類でしかあなたの事を知ることが出来ませんので、数ある募集の中であなたを書類選考で選んでもらえなければ、面接にはたどり着けません。

基本情報欄の記入

1.日付、氏名、生年月日(年齢)

・日付は履歴書全体で西暦なのか和暦かで統一するようにしましょう
(郵送日または投函日を記載します。事前に準備する場合は日付は空白にしておきましょう)

・氏名は誤字脱字のないように記載

・生年月日は日付の記入で決めた西暦か和暦で統一しましょう。

2.証明写真

・3ヵ月以内に撮影したものを使用しましょう。

・スーツ着用の写真を使用します。

・サイズ:縦36~40mm 横24~30mmで撮影しましょう。

・写真の裏には名前を記載しておきましょう。
(万が一写真がはがれた際に採用側がスムーズに判別できます)

3.電話番号、住所、メールアドレス

・連絡が取りやすい電話番号を記載します。

・住所は都道府県名から記載、番地とマンション名を省略せずに記載します
(〇〇県〇〇市〇〇区〇〇1-2-3 〇〇マンション〇〇号室)

・会社のメールアドレスは厳禁です。個人のアドレスを使用しましょう。

学歴・職歴の記入方法

1.学歴

・一行目の中央に学歴と書きます。

・履歴書で統一した西暦・和暦で記載します。

・義務教育については書く必要がなく、高校からの学歴を記載しましょう。

・学部やコースは省略せずに記載します。
(応募内容ではPR出来る部分になります)

・学校名は正式名称で書きましょう。

2.職歴

・学歴最終行に一行あけて中央に職歴と書きます

・履歴書で統一した西暦・和暦で記載します。

・時系列で記入し会社名は略さず書きましょう。

・会社名の次の行に配属部署名と簡単な職務内容を記載します。
(応募職種に関係する職務内容は抜けなく記載しましょう)

・部署異動がある場合は年月日と移動先部署も記載しましょう。

・退職予定が決まっている場合、年月と「退職予定」と記載しましょう。

・最後の行には「現在に至る」と記載します。さらにその下の行に右寄せで「以上」と記載します。

免許・資格の記入

1.免許、資格

・履歴書で統一した西暦・和暦で記載します。

・取得年月日順に書きましょう。
(試験日や交付日ではありません)

・正式名称で記載しましょう
(普通免許=普通自動車第一種運転免許、「英検」「宅建」も略称ですので正式名称で記載します)

・同じ資格で級違いなどで合格している場合は一番上級の資格を記載しましょう。

・記入する資格がない場合は特になしと記載しましょう。

適切な服装と身だしなみ

服装と身だしなみを整える事は面接官に清潔感と好印象を与えるうえで重要なポイントともいえるでしょう。

あなたが面接官だとして、派手な色のスーツやシャツが出ている、ネクタイが曲がっていたりキチンと結べていなければどういう印象を受けるでしょうか?

服装や身だしなみで不用意に評価を下げる事は避けましょう。

ポイントを絞って紹介しますので参考にしてください。

服装と身だしなみ

スーツ
・柄のない無地を選択するようにしましょう。
・色は黒や紺色の暗めの色にしましょう。
・スーツは2つボタンでも3つボタンでも一番下は外しておきましょう。

ネクタイ
・ネクタイは派手な色ではなくて大きな柄も避けるようにしましょう。
(白・黒の無地については冠婚葬祭に利用されるので避けてください)

シャツ
・シャツは無難に白色の無地にしましょう。
※シャツを出したり、ズボンをずらして着る事はやめてください。

靴、ベルト
・靴はシンプルな紐付きの黒を選びましょう。

髪型
・髪色は黒が無難です
・長髪は避けましょう
・耳と眉にかからない長さで調整しましょう
・スタイリングは何もしないより、自然な仕上がりにするようにしましょう。

カバン
・A4用紙が入るサイズ
・ブランド物は注意
・黒のもの選ぶ
・ビジネス用の手さげカバンにしましょう。

志望動機と自己PRを作成しよう

志望動機と自己PRは履歴書や面接でアピールできる重要なポイントです。特に面接では履歴書の内容を確認して深堀りした質問もありますのでしっかり作りこんでストーリーを意識してスムーズに返答できるようにしましょう

また企業研究により熱意と興味をしっかり伝えて「どうしても御社に入社したいです!」という根拠をつかんでおくことが大切です。

魅力ある志望動機を考えよう

志望動機の重要性

志望動機は企業に対し熱意や興味を伝える重要な要素です。特に企業研究を行い企業のビジョンや価値観をもとにその企業を選んだ理由を考える事が重要です。

志望動機の記入ポイント

抽象的ではなく具体的に理由や過去の経験、活かせる職務内容を記述する事と、その企業が持つ魅力を具体的に示して熱意のある志望動機で説得力のあるようにします。

ライバルに差をつける自己PR

自己PRの重要性

自己PRは企業にスキルや経験をアピールする事が出来る重要なポイントです。実績や成果を具体的に数値や具体的な内容でアピールしましょう。

自己PR作成のポイント

企業が求める人物像に合わせたセールスポイントを記入しましょう。
※嘘の内容や数値は企業からのあなたへの評価のズレになります。

実績や成果を数値や内容を具体的に記すようにしましょう。また第三者に自己PRの内容や表現の内容を確認してもらいましょう。そうすることで、より説得力のある文を作成する事が出来ます。

面接質問のへの対策を考えよう

面接の質問対策については一般的な質問から返答からの深堀りした質問がされることが多いです。

企業の募集する内容や企業の考え方に沿った回答を自身の経験・スキルを合わせて回答できると理想的です。

また、回答の仕方についてもSTAR法など活用して回答する事でより、信ぴょう性のある回答が出来ますので最後まで読んで参考にしてください!

私はSTAR法を意識した回答をする事でそこからの深堀り質問でも迷いなく事実を回答できますので自分の土俵で話を進めることが出来ました。

そうすることで、自信を持って回答する事が出来ました。心の余裕が出来て程よい緊張感の中で残りの面接に対してもスムーズに進めることが出来ました。

一般的な面接質問に備える

「自己紹介」「転職理由」「志望動機」「長所と短所」「過去の成功・失敗」などに対してスムーズに返答できるようにしっかり練習しましょう。

さらに言えば、回答内容の深堀もありますのでそちらも想定しておきましょう。

特にマイナス要素についてはどのように乗り越えたのか?どのように考え行動したのか?まで、答えられるようにしておきましょう。

【重要】STAR法を活用しよう

面接では課題や困難な状況でどのように考え、行動を起こすことが出来る人物なのかを評価しようとしています。

このような場面でSTAR法を活用する事で簡潔で相手に伝わりやすく話をする事が可能になります。

是非STAR法を身に付けて、しっかりPR出来るようにしましょう。

STAR法とは

下記の頭文字を取ってSTAR法で、話し方手順になります。

Situation(詳細で具体的な状況)
Task(課題や問題点)
Action(起こした行動)
Result(行動による結果)

【状況(Situation)】
配属先のチームでは売り上げが低迷しており、上司から売り上げを上げるように要求されていましたが、メンバーがそれに対応するためにストレスが増えてチームの士気が下がり結果が出せない悪循環が発生していました。

【課題(Task)】
売り上げを上げるためにチームの指揮を上げる事と売り上げを上げるためのPDCAを回す上で他部門との調整を行い売り上げ改善を行う事がチームリーダーとしての私の課題と役割でした。

【行動(Action)】
問題点の抽出と分析、PDCAを実行するための他部門との調整とスケジュールの決定により部門内での毎週のミーティングでの進捗の共有によりメンバーのやるべき事を明確にしてタスク整理を行いました。

【結果(Result)】
PDCA回す事と部門内での進捗の共有によりメンバーのやるべきことが明確になった事で、正確なスケジュールを計画し実行する事で、月ごとの売り上げを達成できたことと、年間で前年度比の20%増の売り上げを達成する事が出来ました。

確かにグッとイメージがしやすくなり

どのような行動が出来る人なのかわかるようになりました。

そうですね。STAR法を活用する事は練習が必要ですが、

自身のPRにはかなり効果的です。

taka

面接対策で大事な事

・一般的な質問に答えられるよう準備をする
深堀り質問にも答えられるように想定しておく)

・第三者の協力や録画を使って自身の回答や雰囲気を客観的に観察する

・STAR法を意識して回答できるように練習を重ねる

・過去の経験や実績を整理して時系列で話が出来るようにしておく

・企業研究による把握と求める人材を知る努力をする

逆質問を考えよう

逆質問は内容によっては評価を大きく得ることが出来る重要なポイントです。逆質問によって企業に対し強い興味を示すことで入社意欲を伝える事が出来ます。

面接の終盤に「何か質問はありますか?」と、問いかけられることが多いです。

私の経験では必ず質問されましたし、私が面接官を務めた際は質問していました。

採用担当者は熱意や意欲、コミュニケーション能力、急な質問への対応力などを知りたがっていることが考えられます。

内容には注意が必要ですが積極的に質問を出来るよう考えておきましょう。

面接では、2~3個が適切とされています。
(グループ面接などでライバルと重なる可能性もあるので複数用意しておきましょう)

逆質問の具体例

「企業の成功事例を教えてください」

「配属先の文化や風土について教えてください」

「将来的な成長のための研修制度はありますか」

「内定までに今から勉強しておいた方がいい事はありますか」

など具体的な質問を考えましょう。

逆質問を行うときは積極的な姿勢で自信を持って質問をお香なう事を意識しましょう。

過去に私が面接を担当した際の、応募者の方の逆質問の時に熱意や積極的な姿勢が感じられず、テンプレ質問で言っているだけのような方が居ましたが、面接官同士の意見ではその点がひっかかり、お断りしたことがありました。

逆質問の注意点

・企業研究で調べればわかる内容は避ける
(HPや企業のニュースは隅々まで確認しておきましょう)

・面接の雰囲気や流れに応じて適切な逆質問を想定しましょう

・休日や給与面の質問は避けましょう
(残業時間、ボーナス実績、有給消化など)

私が面接官を行ったときに給料面の事ばかり3つほど質問を頂いた事がありましたが、応募者の方にとっては重要事項なのは重々承知していますが、言いはしませんが「今はあなたの売り込み時間ですよ!?」って感じで悪い印象を持ちました。

まとめ

ここまで、面接対策を中心にお話ししましたが、一番大事なのは事前の準備が合否を左右します。

その為には、自信のキャリアや経験の整理と企業研究、面接時の回答内容をしっかり把握と準備を行いましょう。

準備をしっかりしておけば、自信が付いて極度の緊張から程よい緊張の中で面接に臨む事が出来ると思います。

特にオススメなのが面接練習の第三者に見てもらう事や、ビデオで録画する方法です。

客観的に観察する事で、当事者ではわからない細かいとこまで把握して修正する事が可能です。

面接の完成度が飛躍的に良くなりますよ。

皆様の面接がこの記事を参考にしていただいて良い結果になれば大変うれしく思います。

理想の未来と働き方を手に入れるために頑張りましょう。

より詳しく
履歴書で人生を変える!30代のための成功の秘訣

私は、前職で新卒から中途採用など採用面接官をしていました。 面接官の視点から見た、30代の転職者に向けた履歴書の書き方をサポートできればと思います! 30代にしか書けない履歴書を書いてライバルに差を付 ...

続きを見る

オススメ
転職する?転職活動は転職サービスからの利用がオススメな理由

これから転職活動を始めようと思っている方に、実際に私が利用したオススメの転職サイトを含め転職サービスからの利用がオススメな理由を解説します。 あなたは、転職に興味はあるけど転職サイトってどんな感じ?何 ...

続きを見る

-転職, 面接
-,