※アフィリエイト広告を利用しています

転職 面接

【面接】転職理由が人間関係はオススメできません。理由と対策を紹介!

この記事では職場の採用面接官を務めた経験のある私が、転職面接の時に「転職理由は?」の質問の際に「人間関係」と答えるべきか、それとも別の理由を伝えるべきかをお伝えしたいと思います。

正直、人間関係を理由にするのはオススメできません。

なぜなら、この質問は面接官があなたが入社した時の事を想像し、入社した場合に同じ理由で辞めてしまうのでは?と疑念を持ち、その可能性を考えてしまい、採用が難しくなるからです。

転職理由にはポジティブな内容が好ましいです。

以下の記事で、詳しく解説していきますのでよろしくお願いします。

この記事でわかること

・転職理由を面接で聞かれる理由
・「人間関係」を転職理由にオススメ出来ない理由
・「人間関係」を転職理由にする場合の対策

転職理由を聞かれる理由とは

採用面接で転職理由を聞く理由は下記の通りです。

転職理由を聞く理由

・採用した後、同じ理由で会社を辞められる可能性
・転職者の希望を入社後、実現できそうか?
・求める人物像に適合するか?
・モチベーションを確認する為。

上記が主な理由である事が多いです。

他には、転職者と採用側の転職理由の価値観が近しいかどうかです。

この理由で転職!?何て事になると採用側の会社でも継続して働くことが難しいと判断されかねません。

退職代行 即ヤメ

採用後同じ理由で退職しないか?

退職理由が人間関係で、「人間関係に疲れた」、「人間関係が上手くいかない」などの理由ではどこの会社でも発生する事であり、早期退職の可能性があると判断してしまいます。

採用側は永く働いてもらいたいと思い、採用するにもコストを掛けますから早期退職されると損失が発生しますので、退職理由から様々なリスクを想定して採用判断を下します。

転職者の希望を実現する事が出来るか?

何か目標があり、実現したい事があって退職理由とする場合、採用側は「うちの会社で叶わなければ辞めてしまうのでは?」と考えます。

先ほどは人間関係が理由でしたが、目標の有あるポジティブな理由であっても、「入社後、同じ理由で辞めてしまうのでは?」とリスクを想定するでしょう。

求める人物像に適合するか?

企業は目的があって人材を募集しています。

新しいプロジェクトの人員補強、急な退職者が発生したので人員追加など理由があります。

その募集内容に沿った人材を採用しなくてはなりません。

例えば営業職で「明るく挨拶が出来てハキハキとした人物」を想定しているところに、面接で「暗く、聞き取りにくく話がまとまっていない」人物ではミスマッチが発生しています。

それでは採用は難しくなるでしょう。

モチベーションを確認されている!?

転職理由がネガティブな内容では、当然ですが採用にはなりません。

ネガティブ思考はやる気が無いと思われていてもしょうがない事です。

ネガティブな内容は避けて、ポジティブな内容を転職理由にするようにしましょう。

人間関係を転職理由にする場合

人間関係を転職理由にするには非常にオススメできません。

しかし、どうしても理由にするならば、注意点がありますので、対策を紹介します。

転職理由が人間関係の注意点

・人間関係をそのまま伝えるのはNG
・ポジティブな内容に言い換えて伝えよう

そのまま理由として伝えるのはNG

人間関係が理由である事をそのまま伝えるのはリスクです。

人間関係に困っている時に、「ではどうした?」「社内で相談したのか?」など解決しようとしたのか?行動を起こせる人材なのか?を疑われてしまいます。

困難に直面した時にどうしたのか?入社して困難に直面した時、同じように退職してしまうのか?まで見られています。

例え、そこで「こんな行動を起こしました。」といっても、信ぴょう性に欠けます。

なので、マイナスの印象を与えてしまいます。

私の経験ですが、人間関係(上司のパワハラ)を理由にした時に「部署異動の相談をしたか?」「どのような行動をおこしたか?」「結果どうなったか?」まで確認されたことがあります。明らかにそれが理由で採用されなかった確信を持った面接を経験しています。
マイナスな理由からプラスの印象を与えるのは大変難しいでしょう。

ポジティブな内容に言い換えて伝えよう

人間関係が理由である事だけではないのですが、ネガティブな理由をポジティブな理由に言い換えて伝える方法です。

・「上司の対応が気に入らない⇒自発性が求められる職場でスキルを磨きたい」
・「同じ職場で仲が悪い⇒周囲と協力と情報の共有で前向きに働きたい」

これは一例ですが、ポジティブに言い換える事で受け取った時の印象が違うと思いませんか?

ほかのネガティブな理由でも使える方法ですので広い視野で対策するようにしてみてください!

まとめ

人間関係を転職理由にするにはリスクでしかありません。

ここは、他の転職理由を絞り出す必要があります。

しかし、嘘はいけませんからね。

嘘は退職理由と志望動機やビジョンとの整合性が合わなくなってきますので、注意が必要です。

また嘘は入社後の企業とあなたのミスマッチに繋がり、苦しい思いをしながら働くことになります。

何のために転職したのかわかりません。

人間関係を理由にしてはいけない理由
・早期退職を敬遠される
・同じ理由で辞めてしまうのではないか?
・忍耐力が無いのではないか?

人間関係を理由にする場合の対策
・ポジティブな言葉に言い換えて伝える

人間関係を理由にするのは本当にオススメできません。

他の理由を考えて、言い換えて上手く文章を構成しましょう!

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

オススメ!
転職する?転職活動は転職サービスからの利用がオススメな理由

これから転職活動を始めようと思っている方に、実際に私が利用したオススメの転職サイトを含め転職サービスからの利用がオススメな理由を解説します。 あなたは、転職に興味はあるけど転職サイトってどんな感じ?何 ...

続きを見る

-転職, 面接
-, ,