※アフィリエイト広告を利用しています

転職 面接

転職面接のマナー不足?失敗しないためのポイント解説

転職活動を成功させるためには、面接でのマナーがとても重要なポイントです。

面接での好印象は内定を勝ち取るためにカギとなります。

この記事では面接でのマナーに迷いや分からない部分を解決できるようにお手伝い出来ればと思います。

その悩みを解消できるように、転職面接のマナー不足を防ぐためのポイントを解説します。

面接でのマナーをしっかり覚えて

面接を突破したいです!

大丈夫です!この記事を参考に、マナーを学んで

突破に近づきましょう!

taka

この記事でお伝えする事

・面接での服装
・良い印象を残す為の最低限のマナー
・当日の不足に備えた持ち物

良い第一印象を作るために

転職活動において面接での第一印象は内定を左右するといっても過言ではないです。

適切な服装や身だしなみ、挨拶の仕方などをお伝えするので第一印象を作る為のポイントを紹介します。

適切な服装を選びましょう

適切な服装は最初の印象を大きく左右します。基本的には清潔感のあるスーツで面接に向かうようにしましょう。

面接では、シンプルで清潔感のある服装が一般的に好印象であります。派手過ぎず、過度な装飾や柄は避けるようにしましょう。

当日の服装については前日には用意してシワを伸ばしたり、清潔に保つ為の必要な手間をかけておきましょう。当日にスムーズに準備が出来ます。

服装と身だしなみについてはこちらを参考にしてください。

身だしなみを整える

面接では服装と同じく身だしなみもとても重要なポイントになります。

服装に清潔感があっても髪型やヒゲ、爪などの手入れが出来ていなければ、好印象を与えることが出来ません。

身だしなみにも十分注意して清潔な状態で面接に臨みましょう!

服装と身だしなみについてはこちらを参考にしてください。

挨拶を大切にしましょう

面接での挨拶には大きな意味を持ちます。

挨拶はコミュニケーションの基本であり、面接官に敬意協力意欲示すために大切なステップになります。

ここでは挨拶に対する為のポイントを紹介します。

丁寧な姿勢で挨拶をしましょう

・面接官の目を見てしっかり挨拶します
・笑顔を意識して丁寧に挨拶をしましょう
・ハキハキとした声で元気よくを心がけてください

ポイントをしっかり押さえて挨拶するようにしましょう。

特に笑顔やハキハキとについては意識する必要がありますので、必要であれば練習しておきましょう。

taka

相手を見て笑顔でハキハキと!

適切なタイミングで挨拶しましょう

面接室に入る際や席に着く際、面接が始まる前に面接官に向かって挨拶しましょう。

面接の最後にもしっかり挨拶する事で好印象を与えることが出来ます。

適切なタイミングで挨拶する事で礼儀正しさやコミュニケーション能力をアピールする事が出来ますので、しっかり押さえておきましょう。

外出せず3時間で履歴書に書ける資格がとれる!伝え方コミュニケーション検定

持ち物について

落ち着いて面接を受けるために事前の準備が必要です。

面接時に必要なものはもちろんですが、持っていると不測の事態に対応できるものもありますので紹介します。

文房具

文房具は、記入を求められる場合や筆記試験が行われる可能性もありますので必ず持っていくようにしましょう。

注意したいのが油性または水性ボールペンを持っていくようにしましょう。

また、手帳やメモ帳も忘れず持参しましょう。

手帳については自身の予定をその場で確認してスケジュール調整がスムーズにすることが出来ます。

メモ長については連絡事項などをメモするのに必要とします。メモ帳に記入する姿勢を示すことで、熱意や姿勢をアピールする事にもつながります。

taka

実際に私が面接官の時には、

メモをする人を見ていると熱意や姿勢を感じ取ることが出来ました。

その時はしっかり聞いていても面接が終わりホッとすると、何の連絡事項があったのか正確に思い出せないことがありますので、手帳やメモは必ず持つようにしましょう。

クリアファイル

面接のときに受け取る資料などをきれいな状態で持ち帰ることが出来ます。

書類を丁寧に扱うことが出来る点もポイントになります。

折れ曲がりながらカバンに若干の苦労をしながら入れようとするより、はるかに見た目が良いです。

サイズはA4で無地のものにしましょう。

印鑑

同意書関係に押印を求められる場合がありますので、持参している方がいいでしょう。

過去に、私は面接の際に個人情報の取り扱い同意書に押印したことがあります。

いずれにしても、正式文書を提出する必要がある場合がありますのでゴム印ではなくて朱肉を使用する印鑑を持参しましょう。

資料

面接に対する案内文書や地図を持っていくようにしましょう。

万が一で考えすぎかもしれませんが、あっては笑い事ではなくなるので紹介しておきます。

携帯を落とした!紛失した!など、充電切れで地図アプリが使えないことになると面接会場に辿り着くのが困難になります。

なので、地図や案内文書を持っていくようにしましょう。

腕時計

面接の待ち時間などに時間を確認する際、すでにスマホの電源は切っています。

時間確認のつもりでも相手から見ればスマホをいじっているのはいい印象ではありません。

さりげなく時間確認の出来る腕時計であればスマートです。

時間合わせは忘れずに!

まとめ

転職面接に対するマナーについてお伝えしてきましたが、これらは最低限のマナーです。

特に服装、身だしなみ、挨拶については面接に限らず社会人としての最低限のマナーになりますのでここで押さえておいて損はありません。

挨拶は自部自身の態度やマナーをアピールする重要なポイントです。面接官に向かってしっかりとした目線で挨拶して笑顔と共に丁寧に挨拶するように心がけましょう。

身だしなみについても清潔感のある服装で面接に向かいましょう。

不足しているポイントはこの記事を参考にして、次のステップに備えて理想の転職を叶えましょう。

-転職, 面接
-,