※アフィリエイト広告を利用しています

転職

退職願いと退職届の違いを理解してスムーズな退職を!

「退職願」と「退職届」をよく耳にするけど
違いや使い方がよくわからないんだよね。

それぞれの意味や使い方を解説するから
その違いをっ知って使い分けよう!

「退職願」と「退職届」これらの違いについてその意味や使い方について疑問に思った方もいるのではないでしょうか。この記事ではそれぞれの違いや提出方法、注意点について解説していきます。退職手続きに興味がある方や将来の退職に備えて知識を深めたい方にとって役立つ情報をお届けします。退職に際してスムーズな手続きが出来るようにこの記事を参考にしてください。

この記事を読んで分かる事

  • 「退職願」と「退職届」の違い
  • 「退職願」と「退職届」の提出方法
  • 「退職願」と「退職届」の書き方
  • 封筒の選び方
  • 封筒の記入方法

退職願と退職届の違いとは?

退職願と退職届という言葉を耳にしますが、実際にはどのような違いがあるのか解説します。退職手続きを行う上で必要な書類になりますので目的や内容の微妙な違いを知り、適切に使い分けましょう。

退職願とは?

退職願とは、会社もしくは経営者に対し退職の意思を願い出る(表明)ための書類です。

また会社が承諾するまでは撤回できる可能性がありますが基本的にはで撤回きないと理解しておきましょう。

承諾されるまでの間に会社側から引き止められることがあります。

退職願いは上司に口頭で伝える事も出来ますが、就業規則や習慣に従って必要に応じて提出しましょう。

退職届とは?

退職届とは会社もしくは経営者の退職の意思について承諾を得て退職する事が確定した段階で会社に対して届け出る書類です。

退職届は会社の可否に関係なく退職を通知するための書類です。

また提出後は撤回する事が出来ません。

退職届を提出する段階では退職の意思は相当固まっていると思いますが、退職届を提出する前には今一度自身に問いかけてみてください。

「退職願」と「退職届」の提出方法とは?

「退職願」や「退職届」をどのタイミングで
誰に提出するのか迷っています。。。

初めての事だから仕方ないですよね。
けど、大丈夫!提出先とタイミングを
解説するから参考にしてね!!

「退職願」と「退職届」の提出先と提出のタイミングを迷っている方も多いのではないでしょうか。

そのような悩みをこれらかの解説で明確にしますので是非参考にしてスムーズな退職を実現しましょう。

「退職願」と「退職届」にはそれぞれ役割が違いますので、提出するタイミングも異なりますので注意しましょう

「提出願」の提出

退職願の提出については自身で大体の退職希望時期が決まれば提出します。

退職願は「退職させてもらえませんか」と、お願いする時に提出するものです。

退職の交渉が長引く事も予想されますので早めに提出した方がいいですよ。

就業規則を確認したうえで、必要に応じて提出しましょう。特に必要のない場合は口頭で伝えましょう。

私自身も就業規則には明記されていませんでしたので、念押しで提出の必要性を確認の上、口頭で直属の上司に伝えました。

自身の退職希望日の遅くても2カ月には提出するようにしましょう。

直属の上司に提出、または就業規則を確認して口頭で退職の意思を伝えましょう。
話を切り出す際は、就業後がオススメです。双方が落ち着いて話が出来るためです。

「退職届」の提出

退職届は退職願とは違いお願いとは違う、「退職します」という宣言になりますので退職願とは要素が異なります。

退職願の提出や口頭での退職の意思を伝え、退職が決定すれば円満に退職するためにも、速やかに提出しましょう。

また会社の就業規則によって「1カ月前」「3カ月前」など決められています。就業規則は必ず確認しましょう。

就業規則を確認し決めれた期日までに提出しましょう。円満な退職のためにも速やかに提出するのが重要です。

提出先については会社の規定によって上司や人事部である場合がありますので事前に確認しておきましょう。

退職願と退職届の書き方とは?

「退職願」と「退職届」を実際に書くとなると記入方法がわからなくて迷う方もいるのではないでしょうか。

ここでは記入方法を私が実際に記入した内容の例文で解説します。

「退職願」と「退職届」の記入は異なる点がありますので違いについてもお伝えします。

①「退職願」または「退職届」と記入します。
②「私儀」または「私事」と記入します。
③自己都合の退職・・・「一身上の都合」
 会社都合の退職・・・「退職勧奨に伴い」「部署縮小のた  め」など具体的に記入しましょう。
④退職願・・・退職希望日(西暦・元号どちらでも可)
 退職届・・・会社と合意した年月日
⑤退職願・・・「退職いたしたく~お願い申し上げます」
 退職届・・・「退職いたします」と記入しましょう。
⑥提出年月日の記入(西暦・元号どちらでも可)
⑦所属する部署の正式名称
⑧フルネームで記入し末尾に捺印をする。
⑨会社名の正式名称
⑩代表取締役(社長)を宛名にして自身の名前よりも上方に記入します。

用紙サイズは「B5」や「A4」を使用しましょう。

封筒の選び方について

書き終えた「退職願」や「退職届」を入れるための適切な封筒はどれを選ぶかも重要なポイントです。

用紙サイズと封筒サイズが合っていなければ不格好ですので適切なものを選択できるように解説します。

封筒の選び方

封筒にも種類があります。

郵便番号の有無や、色、透けるもの、透けないものなどがありますので、適切なものを選びましょう。

封筒の共通項

・白色封筒
・二重封筒で中身の透けない物
・郵便番号のない物

B5用紙の封筒サイズ

長形4号(90×205mm)を使用しましょう。

A4用紙の封筒サイズ

長形3号(120×235mm)を使用しましょう。

封筒の書き方について(表面・裏面)

【封筒の表面の記入方法】

1.黒のボールペンか万年筆で記入

2.封筒の中央よりやや上に「退職願」「退職届」の記入
大きめにはっきりした文字を意識しましょう

3.宛先の記入は必要ありません。

4.修正液や修正テープは使用しない。失敗時は新しい封筒で書き直しをしましょう。

【封筒の裏面の書き方】

1.封筒の左下に所属する部署の正式名称とフルネームの記入

2.封を閉じて「〆」を記入しましょう。

まとめ

「退職願」と「退職届」違い
【退職願】「退職させてもらえませんか」とお願いする書類である。
【退職届】「退職します」と宣言する書類である。

※就業規則を確認して提出の必要性、提出期日などを理解しておきましょう。

「退職願」と「退職届」の提出方法
退職の意思を「口頭または退職願(就業規則の確認)」にて上司に意思表示を行う。
退職願や意思表示が承諾され退職日が決まれば「退職届」を速やかに上司または人事部に提出する。(※提出先や退職届の用紙などは就業規則を確認)

「退職願」と「退職届」の書き方
文字の誤字脱字に注意して、本文を書き、所属部署や氏名、会社名、宛先人の氏名にはフルネームや正式名称で記入します。
氏名の末尾の捺印を忘れないようにしましょう。

また、退職理由についても自己都合と会社都合を間違えないように注意してください。
用紙サイズはB5またはA4を選びましょう。個人的にはB5でいいと思います。提出物は不用意に他人の目に触れることは好ましくないので、受取時に上司は胸の内側ポケットなどにスムーズに入れる事が出来ます。

封筒の選び方
白色の封筒で、二重封筒などで中身の透けない、郵便番号のないものを選びます。
A4用紙には長形3号(120×235mm)
B5用紙には長形4号(90×205mm)

封筒の記入方法
【表面】
封筒の中心よりもやや上に「退職願」「退職願」を間違えないように大きくはっきり記入しましょう。
黒のボールペンまたは万年筆で記入し、宛名は必要ありません。

※記入失敗の場合、新しい封筒に記入しましょう。

【裏面】
左下に所属部署名と氏名を正式名称・フルネームで記入します。
封をして「〆」を記入します。

「退職願」と「退職届」について解説しましたが、使い分けと提出方法、書き方をこの記事を参考にしていただければ、スムーズな退職手続きのお手伝いが出来ますので是非参考にしてください。

あなたが円満退職を出来るよう応援しています。転職の第一歩ですが頑張ってください!!

-転職
-,