※アフィリエイト広告を利用しています

アクアリウム 趣味

アクアリウム初心者に最適!水槽選び完全ガイド

見ているだけで癒される熱帯魚。

小さな水族館を見ている様で、心が落ち着きます。

アクアリウムに挑戦したいけどどんな水槽を選べばいいのかわからないのではないでしょうか?

この記事では初めて熱帯魚を飼育される方向けに、水槽について紹介していきたいと思います。

本記事を参考にアクアリウムをスタートするお手伝いが出来ればと思います。

水槽の材質と種類の特徴:あなたのアクアリウムに最適な材質は?

水槽には材質にも種類がありますが、初めての方には何を選べばいいのか迷ってしまうのではないでしょうか。

それぞれの水槽の代表的な材質について特徴を紹介します。

メリット

・傷がつきにくいので使用年数が経っても透明度が変化しにくい。
・小さな水槽であればガラスの方が安価です。
 (一般的に90㎝を境に価格差が大きくなります)
・直射日光の当たる環境でも変形しにくい。

砂利などが少し擦れたぐらいでは傷が付きにくく、経年劣化による黄ばみ・くすみが少なく
長期間きれいに保つ事が出来るのはメリットではないでしょうか。

デメリット

・清掃時や地震等により落下して割れる場合がある。
・大きくなると重量が重く、置き場所を選ぶ必要がある。(置き場の耐荷重)
・透明度がアクリル製に劣る。
・大型になれば価格がアクリル製にくらべ高価になる。

ガラス製は打撃に弱く、ガラス片の飛沫でケガの恐れもあり、扱いには慎重さを要します。
重量についても60㎝水槽で本体重量、水量、設備、砂などの合計で80~90㎏になります。
水槽だけで8~15㎏になります。(ガラスの厚み、水位により異なります)

アクリル製(軽量で丈夫な素材の魅力と利点)

メリット

・ガラス製に比べて衝撃に強い。
・水槽の重さがガラス製に比べて軽い。
・加工がしやすく特殊な形状の水槽が販売されている。
・透明度が高く水槽内がきれいに見える。

ガラス製に比べ強度が高く割れにくいので、小さなお子さんが居るご家庭にはメリットの一つではないでしょうか。
また、設置する場所の雰囲気に合わせた特殊な形状の水槽を選択できるのも魅力です。

デメリット

・ガラス製に比べて素材上、傷が付きやすい。
・傷や経年劣化により透明度が下がりやすい。

まとめ
材質については扱いやすさ、安全面を考えるとアクリル製をお勧めします。私自身も最初ガラス製を購入し始めました。

メンテナンスの際に割れないよう細心の注意と、重量も重たいので取り回しに苦労し、子供と一緒に作業するには安全面においても一緒にできる作業に制限がありました。

taka

現在はアクリル製で飼育していますが、作業が楽になり子供と楽しめるのも良かったと思います。

水槽サイズガイド:規格?キューブ?どれが最適?

サイズについては規格水槽やキューブ形状、円形など種類がありますが、用途や設置場所のデザイン等に合わせて最適な水槽を選びましょう。

taka

私の友人宅では球体のような水槽を使用していましたが

かなり、オシャレにリビングでの見栄えは良かったです!

憧れます!

規格水槽(サイズ別に比較)

規格水槽は規格で大きさが定められており大量生産されています。ですから価格も安いことが多いです。

また、規格に合ったライト、フィルターが多く販売されていますので、見た目もスッキリします。

規格
(数値は横幅を表します)

寸法【cm】
(幅×奥行×高さ)

水量
【L】

重量【Kg】
(ガラス製)

重量【Kg】 (アクリル製)

30cm水槽30×18×2412
45cm水槽45×24×3032
60cm水槽60×30×366414
90cm水槽90×45×451824015
120cm水槽120×45×452436020
180cm水槽180×60×6064850

キューブ水槽(オシャレに飾ろう)

キューブ水槽は幅・奥行・高さが全て同じの立方体水槽になります。

規格水槽と同じ幅であれば照明は同じものを使用する事が出来ます。

キューブ 種類寸法【cm】
(幅×奥行×高さ)
水量
【L】
重量【Kg】
(ガラス製)
重量【Kg】
(アクリル製)
20cm20×20×20
25cm25×25×2515
30cm30×30×3027
45cm45×45×459120
60cm60×60×602165020

スリム水槽(置き場に合わせて)

スリム水槽は幅を規格水槽と同じで、奥行と高さをコンパクトにした水槽になります。

規格水槽と同じ幅であれば照明は同じものを使用する事が出来ます。

設置場所に応じてサイズを選択して選定しましょう。

まとめ

材質は衝撃に強く、割れにくく、安全面においてもアクリル製をオススメします。私自身もアクリル製を使用しています。

水槽のサイズについては設置場所の確認とメンテナンスを行うスペース、メンテナンス道具などの収納が必要になりますので、設置場所に応じたサイズを選びましょう。

45cm・60cm位でも十分にアクアリウムを楽しめますのでその辺りで検討してはどうでしょうか。

大きすぎると水槽の清掃が大変な事と砂関係やフィルター関係のランニングコストもかかります。

規格水槽を選ぶと、サイズに応じた照明、水槽台も多く販売されていますので、アイテム選びもスムーズに行えますので、規格水槽をオススメします。

アクアリウムに慣れてくるとあなた独自の世界観に合った水槽選びを検討しましょう。

-アクアリウム, 趣味
-,