※アフィリエイト広告を利用しています

アクアリウム 趣味

初心者必見!アクアリウム底砂の選び方で圧倒的な効果を実感しよう

おしゃれな水槽を作りたいけど

底砂はなにを選べばいいんだろう?

砂底にも種類と効果、多種多様で、迷いますよね。

一つずつ紹介するからじっくり選んでね。

底砂は何にすればいいのだろう?どんな種類があるのか、効果は?と疑問に思っているのではないでしょうか?

アクアリウム初心者向けにそんな疑問解決のお手伝いをします。

底砂を適切に選ぶ事は生態系をバランスよく保ち、個体の寿命にもかかわってきますので正しく選ぶようにしましょう。

アクアリウムの底砂は、水槽内の環境や生態系に影響を与える重要な要素です。

適切な底砂を選ぶ事で生態系のバランスを保つ為に欠かせません。

底砂も多種多様で生体やフィルターによって向き不向きもありますのでその辺りを参考にして理想の底砂を選ぶ事が出来ます。

底砂(底床)ってなに?

底砂は底床(ていしょう)とも呼びます。

適切に選ぶ事で水質の維持や、生体、水草を飼育・育成させるには欠かせない環境づくりを行うことが出来ます。

具体的な底砂の働き

  • 生物ろ過に必要なバクテリアの定着場所になります
  • 根を張る水草の土台になります
  • 底砂があるほうが自然に近い景観を表現ができます

底砂(底床)の種類

底砂にはいくつかの異なる種類が存在します。

それぞれ代表的な底砂の特性とメリットデメリットを紹介しますので参考にしてください。

底砂(底床)の種類

  • 大磯砂
  • ソイル
  • 田砂
  • 化粧砂

大磯砂(初心者にオススメ万能型)

大磯砂は観賞魚用の底砂として広く使われている定番の砂利です。

丈夫な砂利なので繰り返し洗って使えるので半永久的に使用できます。

底面フィルターと組み合わせる場合は中目がベストです。

初心者のためのアクアリウムろ過フィルターのガイド

この記事ではアクアリウムには欠かせないろ過フィルターを紹介していきます。 フィルターも多種多様なのでイメージする水槽に合ったフィルターを選ぶ事ができると思うので最後まで読んでくださいね。 ろ過フィルタ ...

続きを見る

大磯砂にはpHを弱アルカリ性に傾ける特長があります。

貝殻やサンゴなどが混ざっていることもあり、それらが溶け出して水質を変化させてしまうからです。

しかし、使い続けてそれらがすべて溶けてしまえばアルカリ性には傾かず中性付近で落ち着くので管理しやすいといえます。

メリット

・低価格で長寿命
・水質管理がラク
・渓流の川底に近い景観が出来る

デメリット

・根張りがよくないので水草育成にはあまり向いていない
・扱い次第では水槽を傷つけてしまう

低価格で半永久的に使えるコスパの高い定番の砂利です。色合いも黒をベースに灰色や白が混ざっているので水槽の見た目をグッと引き締めてくれるので落ち着いた雰囲気を演出してくれます。初心者の方には特におすすめです。

ソイル(栄養効果と水草の成長促進)

ソイルはアクアリウム向けに水に溶けにくいように加工されており、土を粒形状に焼いて固めたものです。

ソイルには水草を育てるのに必要な栄養素を多く含んでおり、生体にも水草にもより良い環境を作ることが出来ます。

効果が大きいことからソイルが多く使用されています。

ソイルの中でも用途や目的について様々な種類があります。簡単ではありますがまとめてみました。

ソイルの種類

吸着系
生体に対し害となる物質や汚れを吸着し、水をクリアに保ちます

栄養系
栄養が豊富に含まれているので水草育成に適しています

セラミック系
他の2種類よりも焼き固める事で相当な硬さがあり洗う事で長期間使用できますが栄養分が含まれていないので水草よりも生体メインで飼育する事に向いています

ソイル形状種類

ノーマルタイプ
粒が大きく、通気性がいいのでコケが生えにくいです

パウダータイプ
粒が小さくコケが発生しやすいですが下にノーマルタイプを敷けば通気性もよくなり改善されます
粒が小さいので水草が根を張りやすく、抜けにくいので水草メインの飼育に向いています

メリット

・栄養が含まれているので水草と生体にとって良い環境を作れる
・高い水質維持により水が非常にクリアになる
・組み合わせにより生体や水草に最適な環境調整が可能になる

デメリット

・コケや藻が発生しやすい(ソイルが崩た場合、過剰に栄養が溶け出してしまう)
・栄養が溶け尽きるとソイルが崩れる(目安として1年に1回の交換が必要)

砂利では育ちにくかった水草が簡単に育つなどの大きな効果を経験をしましたが、私も初心者の頃にいきなりソイルから使って水槽内にコケが大量に発生し大変な目にあいましたが、適度な水交換で余分な栄養を排出する必要があったり、レイアウトを変えるたびにソイルが崩れたりと初心者には扱いにくいかもしれません。しかし水の透明度は抜群です!
様々な組み合わせを試しましたが、パウダーより安価でコケの量も比較的抑えている(=水質の安定)印象がありましたので、個人的には「吸着系のノーマルタイプ」をオススメします。

田砂(自然な風合いと水中景観への貢献)

田砂は底砂として定番のひとつで、コリドラスなどの底物に適しています。

底面フィルターとの相性はよくありません。田砂が目詰まりを起こし本来のろ過能力を発揮出来ないことと、底面フィルター内に田砂が入り込んでしまいます。

水草にとっては田砂は粒が小さく根が張りやすいのですが田砂に栄養はなく栄養が多く必要な水草には別に栄養を与える必要があります。

田砂の色合いについては全体的に暗くはなく明るめであり、明るく優しい雰囲気のパッとした印象になります。

メリット

・コリドラスなどの底物には最適です
・粒が小さく水草の根が張りやすい(別途、栄養を与える必要がある)
・明るく自然な雰囲気の水槽にできる
・比重が重いので舞い上がりにくい
・水質に影響を与えない

デメリット

・底面フィルターと相性が悪い
・田砂には栄養がないので栄養を多く必要とする水草には向かない

田砂は底砂の定番ではありますが水草育成については種類を選ぶ必要があります。粒が細かいため通気性が悪くしっかりメンテナンスをする必要があり、難しい一面もあります。

化粧砂(色彩効果と水草の映える演出)

化粧砂は水槽の雰囲気をガラリと変えたい時や、理想とする水槽のイメージを作り出すことに非常に有効な砂です。色合いも白やオレンジ系またはベージュなどの明るい色のものが多く、明るい雰囲気や暖かみのある雰囲気へ柔軟に印象を変えることが出来ます。

粒が細かい製品が多いので底面フィルターの使用は避けた方がいいです。詰まりの原因になります。また水草を育てるには適していませんので水草を植えないレイアウト箇所へ化粧砂を敷きましょう。

あらかじめ空の水槽にダンボール等でレイアウトに合わせて仕切るように配置してから水槽の目立つ箇所(手前)は化粧砂を敷き、奥手側にはソイルを敷きダンボールを抜き取れば上手くきれいに敷くことが出来ます。仕切りは手前を広く奥に向かって狭く(三角形)や L 型に仕切ると奥行を表現したりできます。大きめの石や流木で仕切るのも景観に優れオススメです。

メリット

・化粧砂を敷くことで格段に水槽の雰囲気を変えることが出来る
・水槽のレイアウトの幅が増え理想の雰囲気を作り出すことが出来る
・オンリーワンの水槽を作り出す事が出来る
・底物の生体との相性がいい(コリドラスなどは砂をつつく仕草が堪りません)

デメリット

・底面フィルターとの相性はよくありません(詰まりの原因になります)
・白い砂は糞などが目立つので細かな掃除が必要になる
・使用上の注意をよく読み、使用前によく洗う必要がある(洗わないと砂同士が擦れて細かい砂が舞う)

化粧砂にもメリット・デメリットがありますが個人的には砂いじりが好きなのでデメリット以上のメリットでしかありません。特に自分の理想に近い水槽が出来たりすると達成感がハンパないです!コリドラスの砂をぱふぱふと、つつく仕草は見ていて何とも言えないです。

まとめ

様々な種類の底砂について紹介と解説をしましたがここには紹介できていない底砂もありますのでステップアップに合わせて自分に合った底砂を選んだり、組み合わせてみましょう。

大磯砂
半永久に使用でき、水質管理が比較的容易ですが水草育成には向いていない。

ソイル
栄養を含んでおり水草、生体にとって良い環境を組み合わせによって調整でき、水の透明度が非常に良いですが、コケや藻を生やしやすくソイルが崩れる為、目安として1年に1回交換が必要。

田砂
コリドラスなどの底物には最適で、水質に影響を与えにいですが粒が小さく底面フィルターとの相性は悪いです。水草については根が張りやすいですが栄養を多く必要とする水草には向いておらず、別途栄養を与える必要があります。

化粧砂
上記の砂と組み合わせて水槽の雰囲気をよりオシャレにオリジナリティーに溢れた景観を作ることが出来、理想とする水槽づくりが可能になります。アイデア次第で表現の幅が広がります。しかし底面フィルターの相性は悪く、目詰まりの原因になりますので使用は避けた方がいいです。デメリット以上のメリットがありますので挑戦してはいかかでしょうか。

私はソイルの吸着系ノーマルタイプと、たまには化粧砂アクセントをつけて楽しんでいます。これに落ち着きました。自身のペースで無理せず楽しみながらアクアリウムを楽しみましょう!

この記事で一人でも多くアクアリウムに興味を持って頂ける方が増えるキッカケになればうれしいです!!

-アクアリウム, 趣味
-,