※アフィリエイト広告を利用しています

アクアリウム 趣味

初心者のためのアクアリウムろ過フィルターのガイド

ろ過フィルターって何を選べばいいの?

種類が多くて初心者には何が最適かわからないよ。

ん~。確かにそうよね。けど安心して!

種類と効果がそれぞれあるので一つずつ紹介するね!

この記事できっと最適のろ過フィルターを見つけられるよ!

この記事ではアクアリウムには欠かせないろ過フィルターを紹介していきます。

フィルターも多種多様なのでイメージする水槽に合ったフィルターを選ぶ事ができると思うので最後まで読んでくださいね。

ろ過フィルターの選び方と重要な要素

アクアリウムを行う上で重要なアイテムの一つなのが「ろ過フィルター」です。

ろ過フィルターの役割
水槽内の水はフンやエサの食べ残し、水草の枯葉などが原因になり発生するアンモニアなどの有害物質により日々汚れていきます。そのままにしていると熱帯魚や水草が死んでしまいます。そのような水の中の汚れやゴミ、有害物質を取り除く為の装置がろ過フィルターです。

ろ過フィルター種類

  • 外部フィルター
  • 外掛けフィルター
  • 底面フィルター
  • 投げ込み式フィルター
  • 上部フィルター
  • スポンジフィルター

外部フィルター(静かでリラックスした水槽体験を)

外部フィルターは水槽内の汚れた水をホースで水槽外へと運び、キレイに濾過してから水槽内へ戻すという仕組みのフィルターです。

小型水槽から大型水槽まで幅広く対応しており、水草育成、静穏性、濾過能力が高いことで人気のフィルターとなっています。

多くの熱帯魚に対応する濾過フィルターなので、混泳飼育をする方にはおすすめのフィルターだと思います。他の濾過フィルターに比べて外部

フィルターは値段が高く、メンテナンスが大変です。ですが、濾過能力や耐久力は他のフィルターよりも高いです。

メリット

・他のフィルターに比べてろ過能力が高い
・CO2が逃げにくいので水草水槽に適している
・音が静かなので、寝室やリビングにも設置できる

デメリット

・メンテナンスが大変(ホースの着脱等)
・費用が掛かる(¥5000~¥15000+ろ材交換時の購入金額)
・水槽以外の設置スペースが必要(水槽下、水槽周り)
・ホースやコンセントの線が多くごちゃごちゃする

過去に使用していましたが水草の育成もしていたのでかなり良かったのです。音も静かでろ過能力が高く水がいつもきれいでした。

外掛けフィルター(簡単設置でクリアな水質を実現)

水槽の縁に直接掛けて使用するタイプのフィルターです。

汚れた水を吸い上げ、カートリッジのフィルターを通したきれいな水を排水部分から水槽内へ流し落とす構造です。

カートリッジには活性炭が入っているものが多く、物理・生物・化学ろ過を行います。

メリットは、水槽に掛けるだけで設置が完了します。

安価で、手軽で初心者向きではありますが、ろ過能力が劣ります。

メリット

・コンパクト&スリムでスッキリする
・設置が簡単
・安価で導入できる(¥2000程度)
・メンテナンスがカートリッジ交換で手軽(月に1度はポンプ・本体の清掃しています)
・外部フィルターとの併用でろ過能力を底上げできる(サブとして追加使用できる)

デメリット

・大型水槽でメインとしての使用は能力不足(45㎝水槽までが目安、商品の記載を確認しましょう)
・多少の振動音や排水時の水を叩く音が発生する

水槽サイズを小さくしたこともあり、45cm水槽で使用していますが問題なく使用でき、手軽さというポイントでも長く愛用しています。

底面フィルター(水槽の美観を損なわずに水質管理)

底面フィルターは底砂などの下に敷くフィルターであり底砂などをろ材とします。

底砂の隙間から水を吸い込みフィルターを通過した後、上部のポンプから水槽内へきれいな水を流します。

生物ろ過で必要となるバクテリアに対し、底砂を通して水を循環することで酸素の供給が可能ですので底砂にバクテリアが定着することができます。

底面にフィルターを設置しますので広い範囲をろ材として高いろ過能力があります。

メリット

・生物ろ過能力が高い
・値段が安い
・見た目がスッキリする
・底砂がろ材になるのでろ材の種類が豊富

デメリット

・レイアウトによってはメンテナンスの際、非常に手間がかかる(底砂の下にフィルターを設置しているため)
・底砂に根を張るタイプの水草とは相性が悪い
・水槽立ち上げ時の水質が安定しにくい(底面フィルターには化学ろ過がないので慣れが必要)

生物ろ過能力が高いのは一つの魅力です。メンテナンスとフィルター取り出しの際のレイアウトのやり直し、飼育する種類にもよりますが水流が弱いなど欠点はありますが、クリアすれば強力なフィルターとして選択肢の幅が広がります。

投げ込み式フィルター(水槽のニーズに合ったフィルター選びを)

投げ込み式フィルターは、水中に沈めて使用する、ろ過フィルターで、いわゆる「ブクブク」です。

エアーポンプと接続して水流を作り、スポンジフィルターを通して循環させ水をきれいにします。

投げ込み式フィルターは、主に小さな水槽に使用します。ろ過能力は低いので、大型水槽で単体での使用には向いていません。水質の悪化に強い生体に使用する事がおすすめです。

メリット

・安価で設置が簡単
・取り付けが簡単
・メンテナンスが簡単

デメリット

・他のフィルターと比べても、ろ過能力が低い
・見た目が悪い
・単体での使用は条件があり能力が低いので勝手が悪い(小型の水槽、金魚など)

金魚やメダカの飼育での小型水槽であれば問題なく使用できるでしょう。私は水替え時の生体の一時避難用としての水槽に投げ込み式を使用しています。用途としてはサブフィルターとして使用する場合もあります。
注意:その他チューブ、ポンプも必要になります。

上部フィルター(効果的なろ過能力でクリアな水質を実現)

上部フィルターは名の通り、水槽上部に設置するタイプのフィルターです。

水槽のよごれた水をポンプで汲み上げて、上部フィルターを通して水槽に戻します。

豊富に酸素を取り込める上部式フィルターは、高いろ過能力があります。

メリット

・水槽周辺がスッキリする(チューブが無く、電源のみ)
・メンテナンスがやりやすい(ろ材の交換がしやすい構造)
・酸素を多く取り込むことが可能
・ろ過バクテリアの繁殖がしやすい(酸素を多く取り込むことが出来るため)

デメリット

・上部に設置するので目立つ
※・フレームレス水槽には使用できない(メーカーも禁止事項としている)
・人によっては作動音が気になるかもしれません(水位の調整と、水中にモーター設置タイプの選定で緩和される)
・照明の設置スペースが制限される(照明も水槽上部に設置するため)
・水草育成には向いていない(循環している水の二酸化炭素が放出されてしまう)


※水槽に負荷がかかり破損の恐れ、設置が不安定になる。

メンテナンスが非常にやりやすく、エアーレーションも効果があり、また物理ろ過についても他フィルターに比べて優れている点でも有効なフィルターと言えます。ただし中型~大型の水槽で水草よりも生体を中心とした飼育であれば向いています。

スポンジフィルター(簡単設置で初心者でも水槽管理が簡単に)

濾過の仕組みは、エアーポンプから濾過フィルター(スポンジ)にエアーを送り水流を発生させます。

水流が発生することで、スポンジから水が吸い込まれ、その際に水槽内の汚れを吸い寄せたり、バクテリアを定着させ、物理ろ過と生物ろ過を行います。ただし少数飼育で小型水槽向きであります。

見た目だけでは物理ろ過だけのように思うのですが、前述のとおりスポンジに定着するバクテリアにより生物ろ過の効果もあります。

メリット

・物理ろ過と生物ろ過の両方を行える
・メンテナンスがやりやすい(スポンジの定期的な揉み洗い)
・設置が簡単
・安価でありコスパが良い
・酸素の供給が可能(排水口付近で水を揺らすことで可能になる)

デメリット

・大型水槽や水深のある水槽には向いていない(酸素供給が不足する鵜可能性あり)
・水槽内の景観が損なわれる
・水草水槽には不向き二酸化炭素の添加水草については不向き)
・他のフィルターに比べて、ろ過能力が低い

少数飼育で小型水槽から始めるにはいいのではないでしょうか。スポンジの見え方が気になる場合はレイアウトを工夫して目立たなくするのも効果的です。導入の手軽さからすぐに始められるのもメリットです。

まとめ

初心者の方にもオススメなのは外部フィルターですね!ろ過能力が高く安定した水質を維持できます。

静音で水槽の置く場所に選択肢が増えるので部屋をオシャレに飾ることも可能になります。私の場合は友人を招いた際にずっと見てましたよ。笑

また、ろ材の組み合わせにより理想の環境を作り出し、水草育成にも向いていることから将来的に知識と経験を積んでいけば、それが可能になると思いますし何よりも手をかけて育てた生体や水草に愛着が出て更にのめり込むことが出来るので本当に楽しいです。

あなたもそんなアクアリウム生活を実現してください。

-アクアリウム, 趣味
-, ,